• 栃木市青年会議所の行事・イベント情報などが届きます。
    ぜひご登録ください。

  • 活動報告
  • 年度情報
  • 栃木JC月間カレンダー
  • 一般社団法人 栃木青年会議所

2018-12-07 2018年度 第2回臨時総会が開催されました。

 12月6日に国府公民館を会場に「2018年度 第2回臨時総会」が開催されました。
本総会において下記議案が審議可決となりました。
第1号議案 定款変更の件
第2号議案 2019年度 組織図の件
第3号議案 2019年度 事業計画の件
第4号議案 2019年度 事業予算の件

 また、とちぎアカデミー育成塾の終了証授与式が行われました。

 2019年度も弊所は地域に根ざした活動を通し、さらなる発展を目指してメンバー一丸となって取り組んで参ります。

2018-11-20 11月例会「てのひらアート~てのひらでつくる未来への軌跡~」が開催されました。

 11月17日に11月例会「てのひらアート~てのひらでつくる未来への軌跡~」が開催されました。
 本事業では栃木市と壬生町にある公園のトイレや建物の外壁にその地域の風景や特産物を子供達の手のひらで描いてもらいました。各地域に参加した子供達から未来へのメッセージが書かれた力作がありますので、是非ともご覧になって下さい。
 アドバイザーとして御教示下さった加藤千代様をはじめ、各地域の担当者の方々、多くの御協力を賜り誠にありがとうございました。
 また、参加して下さった子供達や御理解頂きました保護者の皆様方、本当にありがとうございました。

2018-10-30 10月例会「そうだ!とちぎ秋まつりに行こう~栃木の伝統を未来に伝播しよう~」が開催されました。

 10月27日に10月例会「そうだ!とちぎ秋まつりに行こう~栃木の伝統を未来に伝播しよう~」が開催されました。
 絢爛豪華な人形山車が栃木市大通りを練り歩く2年に一度の「とちぎ秋まつり」が11月9日~11日に開催されます。栃木市最大のお祭りであるとちぎ秋まつりをPRすべく、栃木市子ども観光大使と共に栃木市と同じく小江戸と言われる埼玉県川越市と千葉県香取市に行ってきました。

 本例会を行うにあたり、事前に秋まつりの勉強会とPRボードを作成しました。

 例会当日は天気にも恵まれ、子供たち自身、思い思いの言葉で栃木市をPRしながら、各市民の皆様に手渡しにて栃木市散策マップやポストカードを配りました。

 秋まつり当日は人形山車と共に「ぶっつけ」と呼ばれるお囃子の競演が見られるのもこのお祭りの醍醐味です。是非とも栃木市へ足を運んでみてください。

2018-09-28 蔵の街サマーフェスタに御来場頂いた皆様へ

 私たち、(一社)栃木青年会議所では8月5日に開催されました蔵の街サマーフェスタにおいて「GINZAキッズパーク」と称し、栃木市の銀座通りに子供たちが遊べる空間を作りました。その際、子供たちがパーク内で遊べるチケットを販売し、たくさんの方々に御参加頂きました。
 そこでの収益金161,000円を弊所より公益社団法人日本青年会議所が行っている「JCI JAPAN SMILE by WATER 水で世界を笑顔に変える」へ寄付致しました。
 御報告申し上げますとともに、謹んで御礼申し上げます。
 ありがとうございました。
 ※「JCI JAPAN SMILE by WATER」とは公益社団法人日本青年会議所が2016年よりアジア各国に「安全な水」を届ける為に展開しているキャンペーンです。バングラデシュをはじめ、カンボジアやインドに雨水貯留タンク設置や井戸建設等の支援を行っています。
 

2018-09-20 9月例会「JAPAN PRIDE~日本の誇りを未来の子供達へ~」が開催されました。

 9月18日に9月例会「JAPAN PRIDE~日本の誇りを未来の子供達へ~」が開催されました。
 日本の誇りは何ですか?自分達の暮らす地域の誇りは何ですか?これらの問いに対して、皆さまは何を思い浮かべるでしょうか。
 今回の例会では現代の日本人が抱える問題点、100年先の日本に残しておきたい風習や人・モノ、そして自分達の暮らす地域の誇り等をグループワークにて共に考え、意見交換を交えながら、様々な視点で現在の日本について考えました。また、昔から継承され、先代の想いがあっての自分達の存在価値や存在意義がある事や、それらの想いを受け継いでいるからこそのあるべき姿を改めて熟考する機会となりました。
 メンバー同士で共に考え、現状を伝えあうことで、今まで気づかなかったメンバーの考え方や想い、そして地域の良さに関しても新たな発見をすることが出来て、とても良い時間となりました。
 今日経験したことを自分達の子供達から、またその先へと代々受け継がれていけるように、日々活動していきたいと思います。

2018-09-17 9月例会「ちょうちんアートプロジェクト~ぼくらのまちにあかりをともそう~」が開催されました。

 9月9日に9月例会「ちょうちんアートプロジェクト~ぼくらのまちにあかりをともそう~」が開催されました。
 3月から半年間かけて行われてきたちょうちんアートプロジェクトがいよいよフィナーレを迎えました。最後を飾るは栃木市内で由緒ある神社の中のひとつである神明宮。ちょうちんの絵付け作業から始まり、自分達で考案した土台を慣れない工具片手に悪戦苦闘しながらも形として作り上げたりと、子供たちは最後まで諦めずに本当に頑張りました。無事にやり切った子供たちからは達成感や安堵感を感じ、また新しい友達との輪も築くことができて、本当に素晴らしい事業となりました。今年の真夏の酷暑の中も、本当に頑張りました!無事に今日という日を迎えることができ、メンバー一同感謝の気持ちでいっぱいです。
 最後になりましたが、本事業に対しまして御指導頂きました先生方や、御理解頂きました御家族の皆様方には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

2018-08-10 8月例会「蔵の街サマーフェスタ」が開催されました。

 栃木市の夏を飾る「蔵の街サマーフェスタ」が8月5日に開催されました。
 今年は銀座通りを「GINZAキッズパーク」と称し、「エアー遊具」「縁日」「海賊王」の3つのフィールドに分けて、子供たちが遊べる空間を作りました。会場では子供たちの元気な声が響き渡り、また、はしゃぎ回る子供たちの姿を見ることが出来て、夏の暑さを忘れるくらい賑やかで楽しい1日となりました。
 本事業に御参加頂きました市民の方々、ありがとうございました。
 また、御協力頂きました栃木市をはじめとする関係団体の皆様方に感謝致します。ありがとうございました。

2018-08-04 2018年度 第1回臨時総会が開催されました。

 7月19日にサンプラザを会場に「2018年度 第1回臨時総会」が開催されました。
本総会において2019年度理事長候補者及び監事候補者の承認、理事候補者の選出、2018年度理事による経験談発表が行われました。

 承認された理事長予定者と監事予定者は以下の通りです。
 2019年度 理事長予定者
  大田和 高志君

 2019年度 監事予定者
  小松 隆洋君
  茂呂 暢君

 また、2019年度理事候補者選出選挙においては、60周年記念事業委員会の中新井 悟君が見事1位に輝きました。おめでとうございました。

 そして、2018年度理事による経験談発表では、60周年記念事業委員会の寺内 悠嗣君が理事を経験してみての学びや、大切にしてきたもの等を思いを込めて発表してくれました。ありがとうございました。

2018-08-04 (一社)栃木青年会議所 創立60周年記念式典が開催されました。

 7月16日に栃木文化会館の大ホールにて「一般社団法人 栃木青年会議所 創立60周年記念式典」が開催されました。
 地域を想い続けて60年が経ちました。今日までの60年間の歩み。振り返ると長いようで短かったかもしれません。紆余曲折しながらも、故郷栃木市と壬生町の為にかけがえのない仲間と共に考え、共に活動をしてきました。60周年を迎えることができたのも、地域の皆さま、関係団体の方々、そして多くの諸先輩方のお陰だと思っております。ありがとうございます。

 また、60周年記念事業として100組を目標に取り組んで行ってきました「とち結」も多くのご参加を頂き、目標を大幅に上回る123組のカップルを成立することができ、私たちはたくさんの幸せそうな笑顔に触れることができました。ありがとうございました。そして、担当委員会である、60周年記念事業委員会の皆様、本当にお疲れ様でした。

 今年度を一つの節目として、新たな未来の為にメンバー一同邁進して行きたいと思います。
今後とも(一社)栃木青年会議所を宜しくお願い致します。

2018-06-22 6月例会「ちょうちんアートプロジェクト」~ぼくらのまちにあかりをともそう~が開催されました。

 3月~9月に渡り栃木の伝統工芸品である「新波の提灯」を使い制作される提灯アート。
 親御さんを含めた参加者全員を7つのチームに分けて、4月には展示場所とアートのアイディアを考え、5月には展示場所にて土台作成を行い、本例会では大提灯60個と小提灯246個の計306個の提灯を使い、ちょうちんを空間アートとして設置しました。
 慣れない工具を使いながらも、汗を流しながら一生懸命に思い思いのアートを造る子供たちの表情は真剣そのものでした。
 7月8月は各種夏のイベントとのコラボ企画がありますので、どうぞご期待下さい。

 |